エッグスタンドに植える多肉植物

Apr. 18,2018 松山 美紗

おすすめサボテンの寄植えキットを使って、食卓で使うエッグスタンドもおしゃれな鉢に

【手順】
1. 水苔に水を含ませる
2. 器に肥料を入れる
3. 根への巻きつけ
4. 器に入れる
5. 完成

【準備するもの】
・ おすすめサボテンの寄せ植えキット
・ Egg stand
・ 新聞
・ ピンセット
・ 水

おすすめサボテンの寄植えキット(5苗+土+肥料)
手軽に始められるサボテンの寄せ植えキットです。
サボテンの苗5個と土、肥料のキットとなります。
お好きな器をご用意頂き、サボテンを好きなレイアウトで配置して隙間に土と肥料を入れてあげるだけで、自分のオリジナル寄せ植えができちゃいます。

水苔に水を含ませる

水を入れた容器に、水苔を浸して水を含ませます。

器に肥料を入れる

入れる量はひとつまみ。

根への巻きつけ

水苔を軽く搾りながら、根の部分に巻きつける。
軽く水気を絞りながら、器の形になるよう、まるく成形します。

サボテンの場合は、トゲに注意する。
ピンセットや、割り箸でサボテンと根の境目をつかんで、作業する。

器に入れる

水苔を巻いたタニクを器につめる。
植え込むとき、器の高さに注意する。
水苔は多過ぎず、少な過ぎない量にする。
少ない場合は、上から水苔を足すとよい。
多い場合は、一度取り出し、量を調整する。

完成

水やりは、水苔が完全に乾燥してから。
月に2〜3回を目安に水の量は、水苔全体が湿るくらいの量を。

新着記事

おすすめ