多肉植物の寄せ植え きほんの「き」

June 18,2015 松山 美紗

材料が揃えば家の中でもカンタンに出来ちゃうタニクの寄せ植え。
ガーデニングには興味があるけど、とっつきにくかった方。
手軽なタニクの寄せ植えにチャレンジしてみませんか?
まずは小さな寄せ植えで感覚をつかんでみましょう。
寄せ植えが出来るようになれば、あなたの想いが詰まった手作りの贈り物を贈れますよ!

【手順】
1. 準備
2. 土の準備
3. 苗を整える
4. 肥料を入れる
5. おおまかにレイアウト
6. 土を入れる
7. 飾り石できれいに
8. 完成

【準備するもの】
・苗5個キット(苗、オリジナルブレンドM、肥料)
※現在販売中の苗5種と内容が異なります。ご了承くださいませ。
・赤玉土
・ピンセット
・器
・パミス(化粧石です)
・スコップ

パミス

多肉植物用化粧石 パミス はコチラから >>
solxsolではこの自然の質感がすきで、化粧石として使用しています。土の上にひきつめるだけでタニクの色がよりきれいな色に見えます。これがあれば鉢底の水はけ用の土と、化粧石として2パターンで使えて便利です。

1. 準備

器を用意します。お好きなもので構いません。サイズは自由です。決まりはありません。
浅い鉢でも "根鉢" (植物を掘りおこしたときに土がついてくる根の部分のこと)をほぐして植えて頂ければ大丈夫。
しかし浅い鉢ですと、早い時期に植替えが必要になります。

2. 土の準備

赤玉土を入れます。
大きな鉢には、底に水はけ用として大粒の赤玉を4分の1くらい入れます。
パミスを使っても良いですよ!

3. 苗を整える

苗の下葉をきれいに取り除いて、キレイにします。

4. 肥料を入れる

肥料を少量入れます。
赤玉土の上にブレンド土を少量いれて、肥料を入れます。
肥料が多すぎると「肥料枯れ」といって枯れてしまいますので、少量です!

5. おおまかにレイアウト

苗を鉢の中に入れてイメージを固めます。
葉の大きさや、色などのバランスを見て、お好みでバランスを取ります。
今回の植物は成長過程が似た植物たちなので、どういう組み合わせでもOKです。

根鉢をほぐして・・・

だいたい高さが揃うように置いてみます。

6. 土を入れる

苗を押さえながら、高さがずれないようにブレンド土を入れます。

隙間がないように入れます。
鉢を叩いて植物を押さえながら土を調えます。

土の表面をフラットにしたり、葉の隙間に入った土を取り除きます。

小さい方も同様に作ります。
※赤玉土は今回は入れません。

号鉢以上(特に高さのあるもの)は、赤玉土を入れて下さい。

7. 飾り石できれいに

空いたスペースに、飾り石(パミス)を入れます。

葉の隙間にもきれいに入るように、ピンセットで仕上げます。
すっきりとしたアレンジで。

8. 完成

完成です!
よくお日様の光に当てて育ててあげてください。


寄せ植えについての最新記事がありますので、ぜひご覧ください。
「多肉植物の寄せ植え・コツと方法」へ >>

記事の先頭へ >>

読み物一覧へ >>

solxsol TOPへ >>

新着記事

おすすめ