多肉植物の体の殆どは水でできています。
葉や茎、根などが肥大化して水分や養分を蓄え、
乾燥に耐える状態に進化した植物です。
進化を遂げた姿はどれも個性的で、美しく魅力です。
サボテンも多肉植物の1種というわけです。
もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック >> 多肉特集
           
  多肉植物にはとても面白い特徴があります。
植物はちょっと苦手…そんな方にも是非知ってもらいたい面白さ!
   
    背が伸びてきた多肉植物を
カットしてあげると、
2つに殖えます。
     
      下の葉を3枚ほど残して
茎をcutします。
葉の根本から
子供が出てきます。

cutした上の部分は
挿しやすいように下葉を
取り除いてから挿します。
         
  多肉植物1枚の葉を土の上に
置いといてあげると、芽が出てきます。
これを葉挿しといいます。
※植物によって増やし方は違います。
     
    葉を左右に動かし
茎から離します。

土に植えるのではなく、
土の上にのせて
置きます。

1~3週間すると
根を出し、葉の元の
部分に子供を出します。
         
  オプンチアという種類のサボテンは、
兎の耳のように子供ができます。
こちらは根本から取ってあげて、
乾いた土に挿しといてあげると
根がはりどんどん殖えますよ!
     
  子供を接続部分から
離します。
子供をピンセットで
つかみ左右へ
動かします。
別の鉢に子供を
挿して発根を
まちます。
   
  お部屋で…。ベランダで…。
お楽しみいただくシーンはいろいろあります。

ただ多肉植物は太陽の光が
大好きな植物なので、日光浴はお忘れずに!
太陽の光を良く当ててあげると、植物の形も
健康状態もとてもよくなりますよ!
室内組と 屋外組みを2組作って、
ローテーションで愉しんでもいいですね。

※強い日差しの場合は、葉焼けを起こす
  恐れがあるので、ご注意ください。
※植物の種類によっては、
  弱い光が好きな植物もいます。
   
  多肉植物にはものすごい数の種類があります。同じかな?と思っても葉先の形がちがっていたり、 色が違っていたり、一見サボテンのような
多肉植物もあるんですよ!自分が持っている植物の名前と特徴を調べてみましょう。 同じ植物の画像をクリックしてみてください。
 
Flash8が必要です。
             
  多肉植物は自分で殖やす事ができるので、
いろいろ自分でアレンジを愉しんでみませんか?
お庭もないし、お部屋が汚れるのもイヤだ!
という方のために、手軽に始められる雑貨も
ご用意してます!
  こちらはsolxsolが ブレンドした土です。
お手元に かわいい容器があったら、
土を入れて、多肉植物を 植えるだけで、
かわいい鉢植えの 出来上がりですよ!
肥料が入っているボックスの土も
ありますので、是非ご利用ください!
       
   

 

こちらは、上の段でご紹介した土に肥料を混ぜてある
ボックスに入った土です。
器を倒してしまって、家で可愛がっている
多肉植物の土が少し減ってしまった!
という時にあると便利です。
植物と一緒に贈り物としてもご利用いただけますよ!

SサイズのほかにMサイズもご用意しております。

   
             
                 
  お祝いにはお花を贈る人が多いけれど、ひと味違う多肉植物を贈ってみてはいかがでしょうか!
もらって終わりではなく、育ててもらって一緒に楽しさを感じてもらう、そんなギフトをお薦めしております。
 
<送料無料> sweets countainer gift s special gift jerry cup enamel mugcup
<送料無料> sweets countainer gift s
3,500yen
special gift
3,240yen
jerry cup
1,080yen
enamel mugcup
1,404yen
ページTOPへ
 
         
  solxsolではいろいろなページをご用意しておりますので、
困った事があったらクリックしてみてください。
最近多肉植物に元気がない…
虫がついてしまった… 葉が痛んでいるけど、大丈夫?
 
   

植物に関する質問は
こちらをクリック >>

 
         
    自分で持っている多肉植物で、 お店で売っているような
アレンジを やってみたい!
そんな方は…
 
    こちらをクリック >>  
         
    こちらをクリック >>  
         
    多肉植物ってどうやって増やすの?
画像付きの解説が載っています。
 
   
こちらをクリック >>