CART

リプサリス

Cactuceae(サボテン)科 Rhypsalis(リプサリス)属
葉がなく、枝が垂れて育つ種類です。サボテンでは珍しい森林性で、現地では木などに着生している種類です。気根が出やすく、湿度を好みます。比較的弱い光でも育てられるので、室内のインテリアに最適です。
[代表種]青柳、若紫、鞍馬葦、糸葦、メセンブリアンテモイデス

[適した場所]
比較的弱い光で育てられます。窓辺など、柔らかい光が当たる場所を好みます。夏は風通しよく。根が群れるのは好みません。越冬温度:0度以上

[毎日のケアとポイント]
水やり:年間を通して月に約3回。乾燥する時期は霧吹きをよくすると綺麗になります。
繁殖:挿し木、株分け

全6件