CART
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)
多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)

多肉植物 x 渡邉由紀さんの器(駒 貫入)

貫入が初登場です。
お茶で染めてあるそうです。
貫入の入り方にも個性があり、すごく素敵です!

aはハオルシアなので、比較的弱い光でも育てられますが
ロゼットが崩れないようにするには、やはり光が必要です。
育て方は同じような感じで大丈夫です。
以下を参考までに。

[渡邉由紀さん]
Yuki WATANABE
日々の生活の中で いつも傍にあって心地が良い器を目指して東京にて製作されています。
http://yukiwpottery.tumblr.com/

【育てやすさ】
光をこのむタイプです。室内の窓辺など光がよく当たる場所においてください。
※屋外に置く場合は、雨の当たらない軒下に。冬は凍害に当たらない様に室内に取り込んでください。
※全く窓がない部屋では育ちません

【水やり】
夏場、月1~2回程度
春秋と冬は月2回程度
器の半分ぐらいの水を一度にあげます。

【鉢底】
鉢横に水が抜けるように穴があります。
あげすぎた場合には、鉢を傾けてこの穴から水を出してください。

【弱っているサイン】
中心部分の成長点の葉が小さく、白い粉を出さず緑色で伸びてくる
⇒日光不足。水をしっかりあげて、日当たりのいいところにおきま
ただし、弱い光の場所にいた場合は、いきなり強い日にあてず、だんだんならしていきましょう。

【ご注意事項】
※1テンモノです。写真の商品のお届けとなります。
こちらは一つの商品の価格です。ご注文時にa~dの商品からお選びください。
※ハンドメイドの為、サイズは目安です。少々のゆがみ
などございます。こういった雰囲気がお好きな方にお願い致します
価格 : 円(税込)
器のサイズ:幅90×奥行90×高さ70(mm)
数量
 
商品タイプ

WRAPPING

ギフトラッピングは有料(+110円)となります。
植物のサイズ、器の性質により、ラッピング、タグ、紐は多少異なります。お任せとなります、ご了承くださいませ。
メッセージカード、立札は無料でお受けします。

詳しくはこちらをご覧ください >> ラッピング詳細ページ