サボテンの寄せ植え きほんの「き」

May 18,2018 松山 美紗

寄せ植えって言うとちょっと敬遠してしまう方も多いかもしれません。
ましてや棘のあるサボテンなんて。。。

ちょっとしたコツがわかれば、自分の好きな種類と場所を選んで、より好みな仕上がりになります。
サボテンも触れば痛いですが、触らずにピンセットで作業できれば痛さを感じずに簡単に仕上がりますよ。

オリジナルの寄せ植え、是非チャレンジしてみてください。

材料

サボテンの寄せ植えキット(サボテン苗7種、多肉植物専用の土sサイズ、肥料、陶器の白い鉢)

ピンセット

移植ゴテ(なければスプーンなどでも可能)

 

土と肥料を入れる

肥料を入れたら、うえにうっすら土をかける。

苗を植える

point!

ピンセットでつまむのはココ!

更には小さな苗が育つ様に特殊な土で根を包んであるので、土を落とさずにそのままそっと土がついたまま植え込んでいきます。

 

鉢のアウトラインに沿って、サボテンを等間隔になる様に、端から順に植え込んでいきます。

植え込む苗の株元に、倒れない様に土を入れていきます。次に植え込むスペースに土があまり入らない様にゆっくり丁寧に行っていきます。

完成

丸く綺麗に並んだだけで可愛いです!並ぶだけでそれぞれの個性が光る可愛い寄せ植えの完成です。

植え方で色々な雰囲気に仕上がります。同じ種類の苗でも、丸ではなく2箇所のポイントに寄せて植え込んでみたらこんな仕上がりに。自由自在に植え込んで楽しめます。

【育て方】サボテンは光が好きなので、窓辺に置き水を月に2〜4回あげます。小さなサボテンは、まだ水を蓄えておける量が少ないので、水をしっかりとあげます。表面が乾いてから2、3日後にあげるのが目安です。あげる際には器の半分ぐらいの量の水を全体にかけます。

思い出の貝殻や石などを入れて、より自分の色に染めてください。お好みでフィギアとか、何かをプラスすると楽しい!

涼しげなガラスなど一緒に置いてみると、1つのコーナーができ、世界が作れます。

土を入れるのはここまで。深くても浅くてもダメ!鉢上から5mmぐらい下に土の表面がくる様に植え込みます。

棘が取れやすい種類もあるので、植え込みの際には注意が必要。ピンセットでサボテンを持ってしまうと棘が取れてしまいます。

このキットを使いました!商品のご紹介

ミニサボテンの寄せ植えキット(カラフル)
2160円(税込)

ミニサボテンの寄せ植えキットです。
自分で植え込むだけで、とても愛着が湧いて可愛がれて枯れない!
ずっと生きていく植物だからこその楽しみ方です。

ミニサボテンの寄せ植えキット(ホワイト)
2160円(税込)

白いサボテンを中心としたキットです。涼しげな寄せ植えが作れますよ。

新着記事

おすすめ