夏の管理も簡単でインテリアに取り入れやすい「リプサリス属」

リプサリス属とは。

リプサリス属は棘はないけれど、こう見えて棘座があるのでボテン科。
ブラジルを中心に60種ほど生息されていると言われています。
葉の形は色々あります。細い枝の様なものから、ひもかわうどん?の様な平面の様なものまで。

花が咲くと、サボテン科だな、と頷ける八重の花が咲きます。
小さいけれど、可憐で美しいですよ。

そして、花が咲いた後には、自家受粉をするので実がなります。透明感があったり、赤だったり、白だったり。球体の実をいくつもつけます。愛らしい姿です。

色々な種類がありますが成長の仕方は皆同じで、
上へしゅ~っと勢いよく伸び、先端で枝分かれして、その重みで垂れ下がっていく。
垂れ下がる植物は、インテリアとも馴染みやすくて、存在感がありお勧めです。吊り鉢にして飾るのも良いですね。室内で育てやすいリプサリス。是非コレクションに加えてください。

商品のご紹介です。

リプサリスxイギリスジャーm
4,500円

品切れ

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスx coron pot m
4,900円

リプサリスxフランスジャーm(ブラウン)
7,560円

リプサリスxフランスジャーm(はちみつ色)
8,640円

品切れ

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスxイギリスジャーL(B品)
5,500円

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

リプサリスxイギリスジャーm
4,900円

品切れ

新着記事

おすすめ